法政大学野球部監督    法政大学野球部助監督
加藤 重雄   大島 公一
SHIGEO KATO   KOICHI OSHIMA
   
1956年4月20日生   1967年6月17日生
出身校/鳥取西高等学校→法政大学(経営学部)     出身校/法政大学第二高等学校→法政大学(経営学部)
球歴/法政大学在学中、3年生 よりベンチ入り。4年春にリーグ戦5勝、秋に4勝を挙げる。また、その年の日米大学野球大会に出場し優勝を果たした。
大学卒業後は日本生命野球部に入部。第56回都市対抗野球選手権大会にて初優勝に貢献した。
社会人オール近畿のメンバーとして世界大会に3度出場。
現役引退後は鳥取高等学校野球NHK解説者を3年間務めた。
2021年1月より母校法政大学野球部の監督に就任。
  球歴/法政大学野球部在学中、3年生春より二塁手としてリーグ戦に出場し、3季連続ベストナインに選出される。4年次には主将としてリーグ戦4連覇に貢献。
大学卒業後は日本生命野球部に入部。1年目に日本選手権大会優勝。1991年にはオールジャパンのメンバーとしてアジア選手権に出場。
1992年バルセロナ五輪代表として銅メダル獲得に貢献。同年の都市対抗野球大会優勝にも貢献した。
1993年のプロ野球ドラフト会議で、大阪近鉄バファローズからより5位指名を受け入団。
ユーティリティープレーヤーとして、1年目から90試合以上に出場した。
1996年にトレードでオリックス・ブルーウェーブに移籍。同年から二塁手のレギュラーに定着し、チームのリーグ優勝に貢献した。
2005年に東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。
2006年に現役を引退し、オリックス・バファローズに一軍打撃コーチとして就任。2015年のシーズン終了をもって退団した。
現役時代はベストナインに2度、ゴールデングラブ賞に3度輝いた。
2021年1月より母校法政大学野球部の助監督に就任。