法政大学野球部年表年表

西暦(和暦) 部長 監督 トピック 六大学野球戦績
1915
(大正4)
新谷孝朔 武満国雄 法政大学野球部が正式に発足。
グランドは柏木。コーチに早稲田大学野球部の八幡恭助氏を迎える。
1916
(大正5)
慶應に4-9、1-12、3-4、明治に3-4、いずれも負ける。
慶應に2-4、明治に4-5、早稲田に1-4
1917
(大正6)
野上豊一郎 四大学リーグに加盟。野上豊一郎氏が部長に就任。神田橋グランドを使用。

慶應に3-2で初めて勝利。
法0‐9慶
法1-9慶
慶早明法  1勝7敗
1918
(大正7)
早稲田に7-4、明治に6-5で初めて勝利。満州遠征(6/17〜7/14)
○井上弥三郎、四大学リーグ初の首位打者になる。台湾遠征(12/13〜1月上旬)
慶早明法  3勝7敗
慶早法明  3勝5敗
1919
(大正8)
中野(新井薬師)グランド完成。
明治に1勝のみ
早慶法明  2勝5敗
慶早明法  1勝6敗
1920
(大正9)
明治に1勝のみ。朝鮮遠征(7/13〜8/22)。
各チームに善戦するものの全敗
早慶明法  1勝5敗
早明慶法  0勝6敗
1921
(大正10)
小西憲三 ○疋田捨三、首位打者になる。(17打数7安打.412)

立教の加盟により五大学リーグになる。
3月三田・稲門戦復活
慶明法(※早大渡米) 1勝3敗
早明慶法立  1勝5敗
1922
(大正11)
明治・立教に勝点。台湾遠征(12/25〜翌年1/12) 慶明法早立  4勝4敗1分け
早慶明立法  1勝8敗
1923
(大正12)
2季連続最下位 早明慶立法 1勝5敗
明慶早立法
1924
(大正13)
服部平六 早慶立法(※明治渡米)0勝6敗
早明慶立法  0勝8敗
1925
(大正14)
稲垣重穂 帝大、法政を除く4校と対戦。1勝3敗で準加盟する。
六大学野球連盟成立(帝大加盟、早慶戦復活)
9/22六大学リーグ初戦帝国大学1−4負ける。
明慶早立(帝)法  0勝7敗
秋・早明慶帝立法
0勝10敗1分け
1926
(大正15)
○森岡雅善首位打者となる。(13試合42打数14安打.333)
初めてAクラス。
神宮球場最初の連盟戦対明治1回戦4−1で勝つ。
春・慶立早明法帝  4勝8敗
秋・早慶法明立帝  7勝6敗
1927
(昭和2)
監督ナシ 主将として藤田信男ベンチ入り
大正6年10月31日以来10年ぶりに慶應に勝つ。
○8月24日野球試合のラジオ放送。部史上初めて慶應より勝点を挙げたが、4シーズン振りに帝大に勝点落とす。
○六大学リーグ放送10月15日早明2回戦
春・慶明法帝立(※早稲田渡米)4勝6敗
秋・明慶早法帝立  4勝9敗
1928
(昭和3)
若林忠志投手、法政に入学すべくその前提として本牧中学に入学。
久保春吉・苅田久徳・鈴木幸蔵・島秀之助ら入学。
春・明早立帝法(※慶應渡米)  0勝8敗
秋・慶明早立帝法  2勝10敗
1929
(昭和4)
井本健作 朝井敬六 朝井敬六氏が監督に就任。中途より藤田信男氏が監督に就任する。
若林忠志氏入学。
東京府豊多摩郡野方町新井511で数軒の民家を借用分宿。
ハワイ遠征
○1年生武田一義活躍(23打数9安打.321)
春・慶早立法帝  2勝8敗
入場式、専属審判制の導入
秋・早慶立明法帝  4勝8敗
1930
(昭和5)
藤田信男 倉信雄・矢野信男・西垣徳雄ら入学。鈴木茂・吉田要両投手復学出場。
満州遠征
○極東オリンピック大会開催悲願の初優勝(加盟以来14年)
春・慶明早法帝立 4勝6敗
秋・法慶早帝明立 9勝3敗
1931
(昭和6)
佐々木良一 第1回米国遠征(4月4日〜7月)11勝14敗。遠征中にイリノイ大学ラングレン氏に会う。同氏のテキストブックを岩波書店より「野球読本」として藤田氏が出版する。これをもって法政大学野球部の根幹となるセオリーとして採用。部長小山竜之介氏が代理で就任 春・慶早立帝明※法政渡米
秋・立早明慶帝法
小山竜之介
1932
(昭和7)
細川潤一郎 中野の上高田にある氷川神社裏のアパートを借り受け合宿所に充当。
2度目の優勝。若林忠志、劉瀬章の球質の全く違う両投手が健在。
台湾遠征(12月末〜1月中旬)
3/28野球統制令
5/15事件
リーグ途中早稲田連盟脱退
春・慶法帝明(早稲田辞退、渡米立)
秋・法慶早明帝立
1933
(昭和8)
春1回当たり秋2回当たり年間通しての1シーズン制実施
夏満州天津遠征
立明早慶法帝
10/12早立3回戦宵越し試合
※T8,9年は1シーズン制
1934
(昭和9)
若林主将。鶴岡一人が入学する。
若林投手15試合すべて登板する。3度目の優勝
鶴岡一人氏3番を打ち、秋全試合出場する。
米大リーグ野球チーム再来日。(ベーブルース主将)
法明早立慶帝
職業野球団の設立(12/26)
1935
(昭和10)
4度目の優勝(部史上初めての連覇)
伊藤次郎投手の活躍〔最多安打〕個人1試合…6
鶴岡一人〔満塁サヨナラ本塁打〕原口四郎(対慶大①)
夏上海遠征
2シーズン制の復活
春・法早明立慶帝
秋・早立明慶法帝
1936
(昭和11)
○藤田宗一首位打者となる。(8試合38打数15安打.395)
〔満塁サヨナラ本塁打〕森谷良平(対東大①)
春・明立法慶帝(※早大渡米)
秋・早明法立慶帝
1937
(昭和12)
春・明早慶法立帝
秋・明早立法慶帝
1938
(昭和13)
本間喜一 夏満州遠征
○鶴岡一人首位打者となる。(10試合35打数13安打.371)
春・明早法慶立帝
秋・明慶早法立帝
1939
(昭和14)
3月中野新井薬師から川崎市木月にグランドを移転。合宿所軍需工場の航空計器の会社の寮を借り受け充当。 春・早慶立明帝法
秋・慶早明法立帝
1940
(昭和15)
小斉甚治郎 ネット裏近くに40名程収容できる2階建木造の合宿所を新築する。 春・※(慶明立)早法帝
(※慶明立は同率で優勝預かり)
秋・明慶早法帝立
1941
(昭和16)
藤田省三 通算5度目の優勝
抽木進投手が活躍する。
○田川豊首位打者となる。(5試合20打数10安打.500)
春・法明早慶立帝
秋・早慶明立法帝
1942
(昭和17)
春・明慶早法立帝
秋・早明立法慶帝
1943
(昭和18)
練習は秋まで。 4月文部省より六大学リーグ解散の通達
(18〜20年は戦争のため中止)
1944
(昭和19)
野球部解散(銃剣術部等に転部)
1945
(昭和20)
8月ネット裏二階建木造合宿所、空襲で焼失。8月15日終戦。 12月9日早慶明法4チームのOB戦
1946
(昭和21)
夏北海道・東北遠征 春・慶東早明立法
秋・早慶明東法立
1947
(昭和22)
法政大学体育会結成(6/18)会長藤田信男氏
○土屋五郎首位打者となる。(10試合31打数14安打.452)
春・慶早明東立法
秋・慶法明立東早
1948
(昭和23)
藤田信男 球場が米軍より返還。木月の旧弓道場を改装合宿所を設ける。
通算6回目の優勝
大学王座決定戦優勝
春・早明法慶立東
秋・法明早慶立東
1949
(昭和24)
主将関根潤三主将長谷川晴雄 春・早明立法慶東
秋・慶明早法東立
1950
(昭和25)
長谷川晴雄 ○日下隆首位打者となる。(12試合48打数22安打.458) 春・早明慶立法東
秋・早立明法慶東
1951
(昭和26)
春・早慶立法明東
秋・慶法明早立東
1952
(昭和27)
春・慶立早明法東
秋・早慶明法立東
1953
(昭和28)
テレビ放映が始まる。
○鷲雅文首位打者になる。(12試合31打数10安打.323)
現在の合宿所敷地に建坪70坪の合宿所建設。
春・立早慶明法東
秋・明立早慶法東
1954
(昭和29)
春・明慶早立法東
秋・早法慶立明東
1955
(昭和30)
○中野健一首位打者になる。(13試合47打数18安打.383) 春・明早慶法立東
秋・早立慶明法東
1956
(昭和31)
春・早立明慶法東
秋・慶立早明法東
1957
(昭和32)
服部力 ○志貴昌規首位打者になる。(11試合47安打18安打.383)
○牧野宏シーズン防御率0.19
春・立慶法早東明
秋・立明法早慶東
1958
(昭和33)
春・立慶早法明東
秋・立法明慶早東
1959
(昭和34)
春・早立法慶明東
秋・立早慶明法東
1960
(昭和35)
通算7回目の優勝
〔1イニング最多三塁打〕4本(対明大②)
〔1試合最多三塁打〕5本(対明大②)
第9回全日本大学選手権優勝①
○室山皓之助首位打者になる。(12試合40打数15安打.375)
春・法早慶明立東
秋・早慶法立東明
1961
(昭和36)
田丸仁士 ○小川博首位打者になる。(11試合36打数15安打.417)
通算8回目の優勝
春・明慶法早立東
秋・法立慶早明東
1962
(昭和37)
通算9回目の優勝
第11回全日本大学選手権優勝②
第1回日米大学選手権出場(対ミシガン大学2勝3敗)
春・法立慶早明東
秋・慶明法立早東
1963
(昭和38)
通算10回目優勝
慶應と優勝決定戦4-3
春・慶法立明早東
秋・法慶立明早東
1964
(昭和39)
○長池徳二首位打者になる。(13試合48打数17安打.354) 春・早慶立明法東
秋・慶早明法立東
1965
(昭和40)
松永怜一 通算11回目の優勝
田渕幸一、山本浩二、富田勝ら入学する。
春・法明早慶立東
秋・早立慶明法東
1966
(昭和41)
山中正竹ら入学する。
○秋元国武首位打者になる。(13試合48打数18安打.375)
春・立早法明東慶
秋・早法立明慶東
1967
(昭和42)
〔最長時間(延長戦)〕4時間48分(対慶大㈫、慶大2-2法大、15回)
通算12回目の優勝
春・慶立法早明東
秋・法早明慶立東
1968
(昭和43)
通算13回目の優勝
〔最多塁打〕1試合1チーム…50(対東大①)
〔最多安打〕1試合1チーム…26(対東大①)個人1試合…6苑田邦夫(対東大①)
〔最多本塁打〕個人1試合…3田渕幸一(対東大①)個人1シーズン…6田渕幸一
〔全員安打〕
〔全員得点〕(対立大①)〔シーズン最高打率〕.346
第17回全日本大学選手権優勝③<通算本塁打>22田渕幸一
春・法早慶明立東
秋・早法明慶立東
1969
(昭和44)
○山田克巳首位打者になる。(12試合50打数23安打.460)
韓国遠征
通算14回目の優勝
〔勝利〕通算…48 山中正竹41〜44年
春・明早法慶立東
秋・法早慶明東立
1970
(昭和45)
通算15回目の優勝
通算16回目の優勝
春・法早明慶立東
秋・法明慶早立東
1971
(昭和46)
五明公男 部史上初の4連覇通算17回目の優勝
〔1回の表の初球本塁打〕依田優(対東大②)
春・法慶早立明東
秋・慶法立早明東
1972
(昭和47)
1/9藤田信男先生胸像除幕式
○長崎慶一六大学史上初のシ‐ズン連続首位打者になる。(春・12試合47打数24安打.511/秋・11試合43打数17安打.395)
〔シーズン最多二塁打〕38本
春・慶法明立早東
秋・慶明早法立東
1973
(昭和48)
中村哲 春・早明法慶立東
秋・明早立法慶東
1974
(昭和49)
三井嘉都夫 江川卓、金光興二、島本啓次郎、植松精一、袴田英利ら入学する。
〔1チーム1試合最多本塁打〕6(対東大③)
〔連続イニング本塁打〕4イニング(対東大③5回〜8回)(岩井隆之、道吉哲夫、土屋恵三郎、植松精一)
〔1試合最多本塁打〕6本(対東大③)通算18回目の優勝
春・早明法立慶東
秋・法早慶立明東
1975
(昭和50)
○高代延博首位打者となる。(11試合42打数21安打.500)
東京六大学連盟結成50周年
春・明法慶早立東
秋・明法慶早東立
1976
(昭和51)
通算19回目の優勝
中国遠征通算
20回目の優勝〔連続打者安打〕7本(対東大①)
〔個人満塁本塁打〕2島本啓二郎51春対早大④52秋立大②
春・法明早慶立東
秋・法早慶明東立
1977
(昭和52)
通算21回目の優勝
通算22回目の優勝
史上初の完全四連覇
〔完封〕通算…17江川卓49秋〜52秋
春・法明早東立慶
秋・法早慶明東立
1978
(昭和53)
鴨田勝雄 春・明早慶法立東
秋・早慶法明立東
1979
(昭和54)
雨天練習場完成米国遠征(ベイラー大学と親善試合)
○武藤一邦首位打者となる。(13試合50打数22安打.440)
春・早法慶立明東
秋・明法早慶立東
1980
(昭和55)
〔1試合両チーム最多安打〕両チーム合計…36(対明大②)明治22法政14
〔最多四死球〕16(対東大①)
〔最長時間(9イニング)〕3時間53分明治15−9法大〔初打席本塁打〕木戸克彦(対立大①)
○中葉伸二郎首位打者になる。(13試合38打数15安打.395)
通算23回目の優勝
春・明立法早慶東
秋・法立明早慶東
1981
(昭和56)
○小早川毅彦首位打者になる。(11試合42打数18安打.429本塁打4打点18)
通算24回目の優勝
春・明法早東立慶
秋・法明立早慶東
1982
(昭和57)
通算25回目の優勝
第31回全日本大学選手権優勝④
○銚子利夫首位打者となる。(10試合30打数12安打.400)
春・法早立明慶東
秋・早法明慶東立
1983
(昭和58)
〔チーム最多本塁打〕1シーズン…17
通算26回目の優勝
春・明法慶立早東
秋・法慶明早東立
1984
(昭和59)
通算27回目の優勝
〔サイクルヒット〕島田茂(対明大②)
第33回全日本大学選手権優勝⑤
〔連勝〕16西川佳明(58年春立大②〜59年春明大②)
春・法明早慶東立
秋・明法慶早立東
1985
(昭和60)
通算28回目の優勝
第34回全日本大学選手権優勝⑥
2月ハワイ遠征
春・法早慶明立東
秋・慶法明早東立
1986
(昭和61)
通算29回目の優勝 春・法慶明早立東
秋・明法慶立早東
1987
(昭和62)
竹内昭文 通算30回目の優勝
○中根仁首位打者になる。(13試合48打数21安打.438)
〔初打席本塁打〕武内久生(対東大①)
春・慶法明立早東
秋・法立早明慶東
1988
(昭和63)
通算31回目の優勝
○宮間豊智首位打者になる。(10試合32打数13安打.406)
通算32回目の優勝
春・法慶早明立東
秋・法慶早立明東
1989
(平成元)
通算33回目の優勝
部史上3度目の4連覇
台湾遠征
春・法早明慶立東
秋・立明早慶法東
1990
(平成2)
山本泰 〔個人満塁本塁打〕2和嶋利博平2春対早大②平3秋対立大② 春・早明慶法立東
秋・立法慶早明東
1991
(平成3)
〔毎回得点〕112311512計17(対東大①)
〔最多連続イニング得点〕11イニング(対東大①)
○諸積兼司首位打者になる。(14試合54打数23安打.426)
春・慶明法早立東
秋・慶明法早立東
1992
(平成4)
今井一孝 〔最多盗塁〕個人1試合…6笠尾幸(対立大㈪)
〔シーズン最多二塁打〕10本鈴木秀範
〔1試合最多二塁打〕10本(対東大①)
春・明法早立慶東
秋・慶早明法立東
1993
(平成5)
〔1回裏の初球本塁打〕菊地徹(対東大③) 春・明早法慶立東
秋・早明法慶立東
1994
(平成6)
山中正竹 通算34回目の優勝
○伊藤大輔史上2人目の代打満塁本塁打を放つ。
春・明法慶早立東
秋・法明慶早東立
1995
(平成7)
通算35回目の優勝
第44回全日本大学選手権優勝⑦
東京六大学野球連盟結成70周年
○9月10日、神宮敷地内に記念植樹が行なわれた。
○11月14日、記念試合として、プロ・アマ交流試合が行なわれる。
春・法明早慶東立
秋・明法慶早立東
1996
(平成8)
通算36回目の優勝
○大学球界初の球速表示。
春・法早立明慶東
秋・明法早慶東立
1997
(平成9)
○三島裕首位打者になる。(12試合47打数20安打.426)
〔1チーム1試合最多三塁打〕4(対早大①)
通算37回目の優勝
○矢野英司、明治神宮大会奪三振記録を樹立。準決勝の創価大学戦で大会記録となる毎回の18奪三振。
春・慶明法早立東
秋・法慶早明立東
1998
(平成10)
○根鈴雄次史上2人目の代打逆転サヨナラ本塁打を放つ。(対慶大①)
通算38回目の優勝
○阿部真宏首位打者になる。(12試合45打数17安打.378)
〔ノーヒットノーラン〕福山竜太郎(対立大②)7-0
春・明慶立法早東
秋・法明慶早立東
1999
(平成11)
○廣瀬純三冠王になる。(12試合44打数19安打.432本塁打3打点3)
○戦後、チーム1試合最多得点…25点(対東大③)
ホームページ開設
春・早法慶明立東
秋・立法早明慶東
2000
(平成12)
通算39回目の優勝
○後藤武敏史上最年少三冠王になる。(12試合44打数20安打.455本塁打2打点14)
○後藤武敏2季連続の首位打者・打点王の二冠になる。(13試合43打数17安打.395本塁打1打点14)
春・法明早立慶東
秋・慶法立早明東
2001
(平成13)
2月8日昭和51年築合宿所解体
3月アメリカ(ロサンゼルス)遠征
通算40回目の優勝
12月10日新合宿所竣工式
春・法早立明慶東
秋・慶法早明立東
2002
(平成14)
2月26日法政大学野球部後援会「朋心会」が発足
8月バックスクリーン建替え
アメリカより野球留学生Adam君を約2週間受け入れる
クロアチアへ野球指導のため大泉、山田剛、長谷の3名を派遣
秋季オープン戦よりオープン戦専用ユニフォームを着用
春・早立法明慶東
秋・早明立法慶東
2003
(平成15)
金光興二 4月グラウンドのブルペンに芝を植える
8月秋田・関西へ2週間遠征
春・早明慶法立東
秋・早明慶法立東
2004
(平成16)
○大引啓次首位打者になる。(13試合44打数18安打.409)
8月関西・東海へ12日間遠征
リーグ戦通算1000勝達成(対立大③)
[最多本塁打] 個人1シーズン・・・7田中彰
個人連続試合数・・・4田中彰チーム1シーズン・・・20
春・明慶立早法東
秋・慶法早明立東
2005
(平成17)
佐藤典人 4月リーグ戦通算1000勝記念アオダモの木を植樹
東京六大学野球連盟結成80周年
○4月10日、神宮敷地内に記念植樹が行なわれた。
○神宮球場のロッカールーム・記者席・事務所の改修
[最多本塁打]1イニング・・・3(対東大②−松浦健介・金丸勝太郎・西川明)
8月北海道・東北へ11日間遠征
グラウンド横ブルペンに屋根を設置
通算41回目の優勝
春・早慶立法明東
秋・法早明立慶東
2006
(平成18)
通算42回目の優勝
○大引啓次 首位打者になる。(12試合46打数23安打.500)
○大引啓次リーグ戦通算安打121本(歴代4位記録)
明治神宮外苑創建80年記念奉納試合
○11月4日、東京六大学選抜 vs 東京ヤクルトスワローズが行なわれた。
春・法早慶明立東
秋・早明慶法立東
2007
(平成19)
8月 関西・東海へ8日間遠征
11月 日中大学野球交流戦
○11月17日、東京六大学選抜 VS 中国大学選抜が行われた。
春・早明慶法立東
秋・早明慶法立東
2008
(平成20)
3月 グラウンド全面人工芝となる
○亀谷信吾 秋季リーグ戦にてベストナインに選ばれる。
春・明早慶立法東
秋・早慶明法立東
2009
(平成21)
通算43回目の優勝
○松本雅俊 首位打者になる。(12試合38打数17安打.447)
○二神一人、石川修平、松本雅俊、多木裕史、亀谷信吾の5名がベストナインに選ばれる。
第58回全日本大学選手権優勝⑧
○二神一人 最高殊勲選手賞・最優秀投手賞受賞。
○多木裕史 首位打者賞受賞。
○和泉将太 秋季リーグ戦にてベストナインに選ばれる。
○11月22日、大学日本代表 vsU-26NPB選抜が行なわれた。
春・法早明慶立東
秋・明慶法早立東
2010
(平成22)
○佐々木陽 春季リーグ戦にてベストナインに選ばれる。
○三嶋一輝 春季リーグ戦にて最優秀防御率をとる。(0.39)
○7月26日、大学日本代表 vs NPBフレッシュ選抜が行なわれた。
○河合完治 秋季リーグ戦にてベストナインに選ばれる。
春・慶早明立法東
秋・早慶法明立東
2011
(平成23)
1月 グラウンドにBSO対応LED式電光掲示板を設置。
○原田直輝 春季リーグ戦にてベストナインに選ばれる。
○多木裕 秋季リーグ戦にてベストナインに選ばれる。
春・慶立法明早東
秋・明早立法慶東
2012
(平成24)
通算44回目の優勝
○三嶋一輝秋季リーグ戦にて最優秀防御率をとる。(0.89)
○三嶋一輝、木下拓哉、多木裕史、建部 賢登  秋季リーグ戦にてベストナインに選ばれる。
春・早法慶明立東
秋・法早慶明立東
2013
(平成25)
宮脇典彦 神長英一  ○河合完治、西浦直亨、大城戸匠理、春季リーグ戦にてベストナインに選ばれる。
○大城戸匠理春季リーグ戦にて首位打者になる。(10試合 41打数 20安打 .488)
春・明法立早慶東
秋・明立早慶法東
2014
(平成26)
宮本健蔵 3月 ベンチ、外野フェンスの改修工事完了。
○佐藤竜一郎 春季リーグ戦にてベストナインに選ばれる。
春・慶早明立法東
秋・明早立慶法東
 2015
(平成27)
青木久典  法政大学野球部創部100周年
東京六大学野球連盟結成90周年
○畔上翔、若林晃弘 秋季リーグ戦にてベストナインに選ばれる。
春・早法慶明立東
秋・早明慶立法東
 2016
(平成28)
○金子凌也 春季リーグ戦にて首位打者になる。(13試合 40打数 17安打 .425)
○金子凌也、小林満平 春季リーグ戦にてベストナインに選ばれる。
春・明立法慶早東
秋・明慶早立法東
 2017
(平成29)
○菅野秀哉 春季リーグ戦にて最優秀防御率をとる。(1.39)
○相馬優人 春季リーグ戦にてベストナインに選ばれる。
春・立慶法早明東
秋・慶明法立早東

《敬称略》