最近の試合
オープン戦 2024-07-13 法政大学 - 桐蔭横浜大学(日体大健志台球場)
法政大学 2 4 1 3 0 0 2 0 0 12
 R 
桐蔭横浜大学 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1




東京六大学野球オールスターゲーム2024 in 北広島

8月31日(土)、9月1日(日)にエスコンフィールドHOKKAIDOにて東京六大学野球オールスターゲームが開催されます!

----------------------------------------------------------------------------------------------
★8月31日(土) 15時プレイボール★
北海道日本ハムファイターズ
VS
東京六大学選抜チーム

★9月1日(日) 13時プレイボール★
Team Clark (早大・法大・立大)
VS
Team Penhallow (明大・慶大・東大)
----------------------------------------------------------------------------------------------

Team Clarkに所属する弊部は、以下7名の選手が出場します!

安達壮汰(4年・投手・桐光学園)
篠木健太郎(4年・投手・木更津総合)
吉鶴翔瑛(4年・投手・木更津総合)
𠮷安遼哉(主将・捕手・大阪桐蔭)
武川廉(副将・内野手・滋賀学園)
中津大和(4年・内野手・小松大谷)
松下歩叶(3年・内野手・桐蔭学園)


詳細は、連盟HPをご覧ください。



侍ジャパン大学代表選出

侍ジャパン大学代表に、弊部より

篠木健太郎(4年・投手・木更津総合)
松下歩叶(3年・内野手・桐蔭学園)
の2名が選出されました!

7月6日(土)からチェコにて開催される第43回プラハベースボールウィークと
7月12日(金)からオランダにて開催される第31回ハーレムベースボールウィークに出場します!


詳細は公式HPよりご確認下さい

彼らの活躍にご期待ください!
温かいご声援、よろしくお願いいたします。





2024年東京六大学野球春季リーグ戦 対明治大学

最終カードは、明治大学との対戦でした!

1戦目は、先発の
篠木(4年・投手・木更津総合)山城(4年・投手・福岡大大濠)が力投を見せるも、相手投手陣から得点を奪うことができず、敗北しました。

2戦目は、3回に
松下(3年・内野手・桐蔭学園)のタイムリーで先制し、5回にも2点を追加します!
7回に1点差に迫られますが、
中津(4年・内野手・小松大谷)の貴重なソロホームランで1点を追加します!
先発の
吉鶴(4年・投手・木更津総合)安達(4年・投手・桐光学園)、最後は昨日先発した篠木が気迫のピッチングを魅せ、2戦目を勝利で飾りました。

1勝1敗で迎えた三戦目。マウンドに上がったのは、リーグ戦初先発の
古川(2年・投手・仙台育英)
古川を援護すべく、早速2回に
内海(4年・外野手・御殿場西)がソロホームランを放ち先制します!
4回には姫木(4年・外野手・日大藤沢)のホームランで点差を広げますが、8回に逆転を許し、最終戦を白星で飾ることはできませんでした。



今季も沢山のご声援、ありがとうございました。
スローガン「結」を掲げ、「結果を出す」ことにこだわり練習に励んできましたが、4位という結果に終わりました。

秋こそは必ず結果を残すべく、この夏鍛錬してまいります。
これからも熱いご声援、よろしくおねがいします。



2024年東京六大学野球春季リーグ戦 対早稲田大学

4カード目は、早稲田大学との対戦でした!

1戦目は、
𠮷安(主将・捕手・大阪桐蔭)(写真左)のソロホームランで先制します!6回には、篠木(4年・投手・木更津総合)が見事スクイズを決め、1点を追加します!しかし8回に逆転を許し、敗戦となりました。

2戦目は、
吉鶴(4年・投手・木更津総合)(写真右)安達(4年・投手・桐光学園)が粘りのピッチングを見せるも、打線が相手投手陣に封じ込まれ、完封負けを喫しました。




次のカードは血の法明戦、明治大学戦です!
今季最終カードになります。

最後まで熱いご声援よろしくお願いいたします。



2024年東京六大学野球春季リーグ戦 対東京大学

3カード目は、東京大学との対戦でした!

1戦目は、先制点を許しましたが、
武川(副将・内野手・滋賀学園)の適時二塁打で同点に追いつき、先発篠木(主将・投手・木更津総合)の自援護となる適時三塁打で勝ち越しに成功します!
通算11勝目を飾り、篠木の投打にわたる活躍で勝利を掴みました!

2戦目では、7回に逆転を許しますが、初出場・初スタメンの
中村騎(1年・内野手・東邦)による内野安打を皮切りに勝ち越し、さらには鈴木照(4年・外野手・明徳義塾)(写真左)がダメ押しの適時三塁打を放ちました!
8回からは1戦目に続き、
安達(4年・投手・桐光学園)(写真右)の好投で試合を締め、2連勝で勝ち点を奪いました!



次のカードは早稲田大学戦です!
優勝争いに食い込むためにも、絶対に負けられない戦いとなります。

皆様の応援を力に変え、チーム一丸となって戦い抜きます。
引き続き温かいご声援、よろしくお願いいたします!



2024年東京六大学野球春季リーグ戦 対慶應義塾大学

2カード目は、慶應義塾大学との対戦でした!

一戦目は、
松下(3年・内野手・桐蔭学園)の今季2号となる本塁打で先制します!
その後勝ち越しを許すも、6回から
武川(副将・内野手・滋賀学園)(写真左)をはじめ、打線が爆発。連続安打でリードを広げ、勝負強さが光りました。
7回以降は、リーグ戦初登板の永野(3年・投手・倉敷商)(写真右)山口凱(2年・投手・桐蔭学園)安達(4年・投手・桐光学園)が零封リレーで相手打線を封じ込め、勝利を飾りました!

二戦目は、
𠮷安(主将・捕手・大阪桐蔭)鈴木照(4年・外野手・明徳義塾)の適時二塁打で勝ち越しに成功するも追加点を許し、追い上げ及ばず敗北しました。

1勝1敗で迎えた三戦目では、先発の
篠木(4年・投手・木更津総合)、吉鶴(4年・投手・木更津総合)、安達の4年生リレーで、1失点に抑える好投を見せるも、延長戦の末惜しくも逆転負けを喫しました。



次のカードは東京大学戦です!

悔しさが残るカードとなりましたが、
残る試合全勝し、優勝に向けて全力で戦ってまいります。
変わらぬご声援、よろしくお願いいたします!



2024年東京六大学野球春季リーグ戦 対立教大学

4月13日に東京六大学野球春季リーグ戦が開幕しました!

弊部の初戦は立教大学。

初戦は先発の
篠木(4年・投手・木更津総合)(写真左)が好投を見せるも、1点差を埋めることが出来ず完封され、敗戦しました。

二戦目は、先発の
吉鶴(4年・投手・木更津総合)が自援護の先制タイムリー、松下(3年・内野手・桐蔭学園)(写真右)が勝ち越しタイムリーを放ち、新チーム初の勝利を掴みました!

続く三戦目では、1回から
中津(4年・内野手・小松大谷)の放った今季1号ソロ本塁打で先取点を挙げ、その後同点に追いつかれるも松下の3ラン本塁打で勝ち越し、貴重な追加点を奪いました!
投げては篠木、吉鶴の木更津総合リレーの1失点に抑える好投で、見事勝ち点奪取に貢献しました!



新チーム初のリーグ戦1カード目を快勝で飾りました!
開幕戦の勢いそのままに慶應義塾大学戦では2連勝し、優勝に向けて全力で戦ってまいります。
変わらぬご声援、よろしくお願いいたします!




2024年度スローガン決定

法政大学野球部の2024年度のスローガンが「結」に決定しました。

「結」には大きく二つの意味が込められています。
一つ目は「結束する」という意味です。
どれだけ個々をレベルアップしてもその力が一つにならなければ、私達の目標は達成できないと
思います。
二つ目は「結果を出す」です。
シンプルですが、この言葉に尽きると考えています。

今年こそは7季ぶりのリーグ優勝、そして日本一になれるよう、素晴らしい先輩方の良き伝統を
しっかりと引き継いで「負けないチーム」を築いてまいります。そのために、大島新監督と幹部を
中心に自分達の野球をしっかりと完成させて悔いのない1年にしていきたいと思います。
引き続きご支援、ご声援のほどよろしくお願いします。

主将 𠮷安遼哉







お知らせ
弊部グラウンドにおけるオープン戦の
有観客での開催を再開いたしました。
なお、敷地内での写真・動画の撮影は
禁止とさせていただいております。
ご理解の程、よろしくお願いいたします。





 
入部希望の方へ 
春季神宮へ行こう
https://www.student-baseball.or.jp/game/jingu/index.php へのリンク