トピックス
多摩地区少年野球教室
2007年11月25日に法政大学多摩校舎にて多摩地区少年野球教室が行われました。
  当日は多摩地区周辺の少年野球チーム総勢20チーム、約300人の子どもたちと法政大学野球部の監督・マネージャーを含む26名が晴天の下で野球教室を開催しました。
 選手紹介の後、1チームに1選手がつき真剣なまなざしで楽しく野球をすることができました。子どもたちに教えることで選手は基本に戻り、改めて様々なことを学ばされました。子ども達も選手の模範演技を見たことによって、大学野球に興味を持っていただけたことだと思います。
 また、昼食時に一緒に食事をとることで、さらに子ども達とふれあうことができ、選手一人一人の顔に笑みが見られるほど、楽しいひとときを過ごさせていただきました。
 当日は少年野球の指導者の方々にも協力していただいたことに感謝いたします。
 最後になりましたが、個性溢れる子ども達の将来を期待しています。我々法政大学野球部は、日本一を目指し、この冬自らを追い込み、春には今以上に成長した姿をお見せいたしますので、ぜひとも神宮球場に足を運び、今回子ども達を指導した選手の活躍する姿を見ていただけたらと思います。そしてこの少年野球教室に参加していただいた子ども達の中から、一人でも多く大学野球やプロ野球で活躍する選手が出ることを願っています。
 
【子ども達と一緒に準備体操】 【チームごとに選手がアドバイス】
【お昼を一緒に食べました】 【守備練習の様子】
【バッティング実演の様子】 【バッティング練習の様子】
 
少年野球チームのみなさん、並びに関係者の皆様、多大なご支援とご協力誠にありがとうございました。