トピックス
神宮送別会
 10月22日(月)対明治大学3回戦は、勝ち点を賭けて全力でぶつかりましたが、力及ばず3-5で惜しくも敗れてしまいました。そして同時に4年生の大学野球最後の試合が幕を閉じました。試合終了後、神宮球場にて野球部・応援団合同の送別会が行われました。多くのファンの方々、そして共に戦った後輩たちに送られながら、4年生は大学野球生活を終えました。
 
★4年生入場★
野球部28名、応援団24名、計52名の4年生が、後輩たちの作るにぎやかな花道を通り入場しました。

★4年生紹介と花束贈呈★
野球部、応援団の順で4年生が一人一人紹介され、応援団からエールが送られました。その後、後輩から4年生へ花束が手渡されました。

★大澤裕介主将より挨拶★
一年間チームを引っ張ってきた大澤主将より、4年間の大学野球生活を終えての感想、後輩たちへの激励の言葉、そして、長い間見守って下さった方々への感謝の気持が述べられました。

★柳川慎弥団長より挨拶★
今年度応援団長より挨拶がありました。
応援団長は4年間、応援団・学生達の先頭に立ち、いつも私たち野球部を後押しして下さいました。ここまで頑張ってこられたのは熱い応援のおかげです。今までありがとうございました。
 
★スクラム校歌★
柳川団長の力強い指揮の下、野球部・応援団が肩を組み、校歌を斉唱しました。4年間ともに戦った仲間との思い出は、色あせることはないでしょう。

    

 その後、4年生が退場して会は終了しました。送別会後、4年生はそれぞれ記念写真を撮ったり、後輩やファンの方々と語りあったりと、名残を惜しんでいました。 
 
4年生の皆さん、本当にお疲れ様でした!